読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れ狼のCOJ

COJに手を染めてしまった貧乏人(子連れ)が経済的に破綻するまでを綴る(仮)

アンドロメダ無限ニケコントロール(仮) part1

お久しぶりです。えすでございます。

今日は現行のクソ環境の中でもcojを"楽しめる"コントロールタイプのデッキが出来たので紹介します。

まずレシピがこちら。

 

f:id:ssx_ddrer:20170322224720p:plain

 

前々期、前期の査定が安定のA、今期は94ptのBとなりました。

(筆者はDOB調整として今期は大自然1枚を千年の想い人に変えています)

では簡単に解説してみます。

まずはデッキコンセプトと言うか戦い方ですが、目指す勝利条件が3つあります。

①高BPや防御禁止を駆使して7点取っての勝利

②無限ニケを通す

③ラウンドリミットを狙う

 

勝利条件が3つあることで柔軟性に長けていると思います。

 

続いて各カードの役割の解説。

 

 

☆赤ユニット:アンドロメダから出したいユニット3種7枚

 

・クリムゾンナース

フィニッシャー。

天使ユニットにスピードムーブを付与するのはフィールド効果ですので、アンドロメダから特殊召喚してもすぐにアタックできます。

無限ニケルートの大半はアンドロメダ始動です。

 

・創生竜ティアマト

最強の除去ユニット。

アンドロメダから出すことで妨害インターセプトを踏まずに着地できます。

 

ケルベロス

単体除去やトリガー割りなど小回りが利く万能ユニット。

夏空のマリーナとのシナジーは特筆すべきで、マリーナが場に出ている時に出してマリーナブロックでの1体除去+緑インセプ2ドローという3アドムーブは優秀。

 

☆黄ユニット:いざという時に3種7枚

 

・宝石獣カーバンくん

バーン、沈黙、行動権消費以外は何でも耐える守備の要。

③の勝利を目指す時には主力になりますが、自身以外のブロックBPを2000上げる効果もティアマトなどと組み合わせれば強力。

 

・聖剣・エクスカリバー

ゾンビも倒せる救済ソード。

ハンデス系統に投げたいけれどトップには自信がない…そんな時には黄色ユニットを事前に軽減に挿しておいて全ハンデスされたターンにエビルガンビットで持ってきましょう。

 

・聖天使ニケ

無限ニケの為に入ってます、それだけ。

一応更地からクリムゾンナースニケで3点取れるのは覚えておきましょう。

 

☆緑ユニット:盤面を取りに行きたい5種13枚

 

・ミューズ

秩序の盾+スピム禁止は偉大。

紫相手が一番仕事します。ヘカトンケイル圏内には基本しないのが吉。

 

・純情ヴァルゴ

cojで最も乙女なカード。出すだけで癒されますね。

序盤は軽減にいくことが多いですが、相手にブロッカー1体の時に「クリムゾンナース→ヴァルゴ→鉱脈→口づけ」で無限ニケを通せるルートは覚えておきましょう。

必要軽減は7cpで1枚(ガンビット併用なら赤緑1枚ずつ)です。

 

・夏空のマリーナ

なっくるから特殊召喚される序盤の壁。

3cp7000でリリスにも耐えます。

ブロックしてもBP負けする時でも緑インセプを1ドローできます。

 

魔法少女マジカルなっくる

先攻、後攻ともにマリガンの基本。

このデッキではマリーナ確定特殊召喚です。

 

・星天女アンドロメダ

このデッキの主力。廻って、私の(デッキの)運命…。

赤ユニットを特殊召喚することがほとんどですが、たまにミューズを出したりするケースもあります。

 

☆トリガー:3種4枚

 

・世界創生

筆者の魂のカード。

何事も最後まで諦めない心って大事ですよね。

この一枚からは人生についても学ばされるcoj屈指の良カードです。

 

・玲瓏の鉱脈

マネーゲーム

魔女の口づけの為の2cpを捻出するのがメインの仕事ですが、序盤に引いた時はチャンプアタックで1cp増やしてメダ竜を展開する事もできます。

ケルベロスで鉱脈を踏むと自壊効果により1cpしか増えない事に注意。

 

・無限の魔法石

環境の高速化により最近はあまり見なくなりましたが、ピン挿しの多いこのデッキでは必須。

基本的に手札はあふれ気味なので先を読んで巧く使っていきましょう。

 

インターセプト:6種11枚

 

・殺意放出

ティアマトケアをしてきた相手への返しの一手。

アンドロメダでクリムゾンナースを召喚したタイミングで発動可能。

 

・バーンカウンター

意外にもレベコン以外には腐らないカード。

過信してヘカトンケイルにミューズを持ってかれないように。

 

・魔女の口づけ

ワンショットのキーパーツ。

更地にされるという並べる系デッキの最大の弱点を克服したカード。

7cpあれば軽減アンドロメダ+口づけだけで無限ニケにいけます。

 

・大自然の仲間たち

BP勝負で優位に立ちたい対面は結構います。

DOB調整する場合、1枚削ってもいいと思います。

 

・忘却の遺跡

創生遺跡のコンボはcojの基本。

遺跡だけを伏せるという妙手が打てるようになればオシャレ。

 

・文明崩壊

デッキからの特殊召喚を多用するので1枚では足りないくらい多用します。

使いどころや魔法石で寄せるタイミングなど色々と考えるカード。

 これに関しては、習うより慣れろと言ったほうがいいかもしれません。

 

カードに関してはこんな感じです。

ジョーカーはこの組み合わせで固定が安定します。

 

それではこれでpart1を終わります。

part2では対面ごとの戦い方を説明していく予定ですが、いつ公開するかは未定です。